My First JUGEM

オザワンブログ

株式会社オザワンについて日々更新。

 しばらくブログ書いていませんでした、申し訳ありません。
ここんとこ体調崩しています。。。
さて弊社とは全く関係のない話。
そう、ここのパン屋がうまい!!
ということでこちら千代田町ではないのですが、弊社お寄りの際は是非館林まで足を運んでみて下さい。正直、地域では群を抜いたおいしさです。
お勧めはバターフランス??
http://www17.ocn.ne.jp/~ccpuuma

お久ジブリの森で〜す。


今日は業界的には凄いポンチ(パンチ)をご紹介します。


サイドポンチは普通のはき出しポンチ比べ、様々なメリットをもたらします。
端的には抜きカスを横にはき出すことで、カス詰まりがなくなります。

ところが丸穴や長穴(トラック楕円)ばかりが主流で、特殊な形や異形は製作に敬遠されがちでした。
それは旋盤加工やフライス加工での手間の多さとその後の刃付けに問題があるからです。
弊社ではそれら全てを社内で設計製作できる為、短納期かつ高品質なものが出来ます。


写真はメガネ型の長穴ですが、きれいにサイドからはき出ます。
他にもハンガー型やとんぼ型等もお受けできます。
お気軽にご相談を。


オザワンさんはいい仕事するワン♪

お久しブリの照り焼きです。
久々に書こうと思ったら、本業ほったらかしてスノーボードになっちゃいました。
ま、これも機械出身ならいろいろと精通するものがありまして・・・。
ということでソール面のリペア修復してみたいと思います。

我がスノーボード、今期大活躍のYONEX ERACER TS



シーズン始めの土が見えてる感じ、あれ嫌ですよね〜。。。
どこでこんな石ころに削られたのか・・・。



使う材料と道具ですが、まぁこんな感じってことで^^;
写真載ってないのですが、ステンレステープ、押さえつける為の板、削る為の板も登場します。
あ、そうそうライターはジェット式をお勧めします。



ステンレステープでリペアしたくない所をマスキング。
さて、炙りますよ♪



うまいこと垂らせましたが、意外と難しいんですよ。
でこの後、ワックスかける時のスクレーパーみたいなもので平たくする前に!!
ここが肝心。
熱いうちにしっかり押さえつけます。
なんだったらもう一回、このまま炙ってくっつきを良くします。



でマスキングを剥がすと・・・何か黒いテープがコンモリ、みたいな・・・。



僕の場合はこのあとスクレーパーまたは金属板できれいに平らにします。
一応埋まりましたが、う〜ん厳しく採点、70点ぐらいかな・・・。



シーズン終わりにはストラクチャーをかけ直すので、まぁあくまで個人レベルの補修ですね。
写真では簡単そうですけど、結構時間かかりますし、またワックス塗んなきゃだし・・・。

スノーボードファンの皆さん、参考までに!!
 今日は火造りについてお話いたします。
"火造り"とは子作りなり!!
すいません、いきなりアンダーな話しちゃいました。
そうではなくて、火を使うことから火造りなんですね。

アブって曲げて叩いて、そうすることで形状に合せることが可能です。
また叩くことで刃先が強くなるといわれています。

工程中の写真がこれ。
弊社で言うコークス焼きは実際はコークス=石炭ではなく、ただの炭です。

焼入れにもいろいろあるのですが、刃長が長いものや大量の型が出る場合等は未だにこの焼き入れ方法を使うことがあります。

炎が綺麗ですね。



折り癖、て分かります?
いろんな治具をやらせて頂いていますが、今回は皮細工屋さんのお仕事です。
ま、用は人間ではなく、半ロボット的にしっかり折り癖を付けたいってことですね。

写真ブルーの型紙をセットします。



で、スイッチオンしますと
ッパタンと曲げるわけですね。



ま、これ両方曲げるのですが、よく出来ています。
今までプレスかけていたのですが、この装置のお陰で、時間半分、嬉しさ倍増です。
手抜きフルーツポンチってあるんでしょうか?
すいません、寒いギャグでした・・・。

しかし強烈に難しい物を持ち込みされるお客様が後を断ちません。
喜ばしい限りです。
今回の手抜きポンチは際が非常に狭く、人間の手作業では限界系のものです。
製品が上に抜けなければいけませんので、そこの作り方に川越ポイント!!
失礼しました。
オザワン・ポイント!!




こんがり焼けてますね。
刃先にバーナー油焼きが施されています。
ちょうど虹色がかったところが温度差のあるところで、刃先に行くほど硬く出来ています。

今回のお仕事は細かかったですね〜。
職人冥利に尽きます!!

ていうか、商標いいのでしょうか?
個人が趣味で作る分には問題ありませんかね。
ということで売り物ではございません。

FRPは非常に軽く、耐久性もあることから、F1のボディーにも使われたりします。
弊社では受け治具やマスキング治具等に使われることが多く、あまりこういうキャラ物とかのご注文は頂かないでしょうか・・・。
刃型業界なのに機械加工も樹脂加工も出来るというところは凄いですね。

ということで私も大ファンのワンピース、サウザンド・サニー号のフロント?の製作現場を覗いてみましょう♪

まずは型にガラス繊維を貼り、ポリエステル樹脂をしみ込ませ、ローラーで気泡を抜いていきます。
ていうかだいぶショートカットしてますかね。



で、お次は・・・お顔全体を組み立ててと。
これまただいぶショートカット。



でお色直しをして・・・出来上がり〜〜♪
玄関にでも飾ろうかしら?
もったいなので、写真は少しだけにしましょう。

今週は台風です。
凄い豪雨と少雨の狭間攻めです。

さて今日はご質問の多い、ハンドプレスの使い方をお教えいたします。
ハンドプレスにも種類がありまして、値段も1万以下〜10万を超えるものまでピンきりです。
一般の方には分かりづらいですよね。

そこで下記の条件をまず考えてみましょう。
〆枌派覆侶繊大きさ
▲魯鵐疋廛譽綱楝里梁腓さ、重さ
I要圧力

,覇辰肪躇佞垢襪海箸魯魯鵐疋廛譽垢留行きです。
裁断品がやたら大きいとまず入りません。
それから形状が多種類あるようでしたら天井板が必要になりますね。
一般的に値段が推移すると懐も広くなり、ハンドプレス自体も重くなる傾向です。
環境に合わせたものを吟味しましょう。

△覇辰肪躇佞垢襪海箸禄鼎気任后
ハンドプレスの自重が軽いと、裁断した時に本体お尻が浮いちゃう感じわかります??
これ、結構多いんですよ。
弊社写真で使用しているものは重さ25Kgと机が沈むくらい重いので、まず浮きません^^;
ハンドプレスによっては取付穴もありますので机にボルト固定することをお勧めします。

紙を抜くのに刃長1m辺り5ton必要とされています。
像さんの重さです。
つまり直径φ50のまん丸を抜こうものなら、なんと50×3.14×5=785kgの圧力を必要とするんです。
ということはハンドプレスの圧力は800kg相当品以上を選ばなければいけないということです。
安いハンドプレスを買って、"あれ抜けない?"なんてことのないように。
デザインに合わせた理論上問題のない圧力が必要ということです。

ではここで実際にハンドプレスで裁断してみましょう。
まずは火造り型にシャフトを溶接したものをセットします。
この時に刃型を下に落としてしまい、刃を傷めることがあるので、柔らかいものを敷くと良いでしょう。



次は高さの調整です。
下支点がちょうどいいところで、後ろのネジを締め上げます。
締め上げると少し高さが変わるので、計算しながら作業を進めます。



そして程よい食い込みが確認できれば、本番です。
ちなみに今回は食い込み代0.5mm程度にしました。
受け板はPP板ですが、先ほどのカッティングマットのままでもOKです。
硬さや頻度、コストを考慮して受け板を選んで下さい。
くれぐれも左手を中に入れないように。
ハンマーで叩くのとは違い安全かつ綺麗に抜けます。

ッグサ!!



皆さん、ご無沙汰してます。
なでしこを見たせいで、寝不足です。
それにしても素晴らしい世界一でした。
私も一所懸命この仕事を頑張らないといけませんね。

さて久々に書くのはやっぱり火造り。
火造り型ってアブって叩いてなんぼなんです。
それが縦横1500以上にもなると、何をやるにも大変な作業どえす。
このサイズはビク型でやるのが一般的ですが、裁断機の環境上、火造りじゃないとダメなんだそうです。
まだまだやれますビッグサイズ。
オザワンもこれからどんどんビッグに!!

ガビーン、チョビーン、ハゲチャビーン
やっちゃいました。
サーバーの移設の際、ブログの履歴、消しちゃいました。
今まで読んでくれていた方、ホントに申し訳ありません。
初心に帰ってまたがむしゃらに書きたいと思います。

そうそう、オザワンからついにアシスト部が発足!!
まずはHP制作をメインに頑張りたいと思います。
おっと、本業もガンバねば。
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最近の記事
スタッフ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
ブログ内検索
RSS FEED
  • 三次元ノコ刃
  • 匠
  • 社員自慢
  • アシスト部
  • デベロッ部
  • LINEスタンプ