My First JUGEM

オザワンブログ

株式会社オザワンについて日々更新。

お久しぶりです。オザワンです!

久々のブログ更新になってしまいました。

2018年、今年も何とぞよろしくお願いいたします。

雪が降るほどすっかり寒い今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

オザワン1月最新情報です!

ワイヤーカットの機械で

Sodick製のVL400Qが新台入荷いたしました。

これでますますお客様への対応が早くなります。

 

それと、もう一台。

滝澤鉄工所のTAC-360のCNC旋盤です。

 

2018年、弊社の最新設備をぜひお使いいただけたら幸いです!

興味がある方は、どしどしお問い合わせ願います。

 

 

 

お久しブリッコ。
今回はハンドプレス進化系をご紹介します。

 


通常のハンドプレスではストロークは1cm程度ですので、それ以上の厚モノを抜こうものなら、それそれそれは皆さん苦労していました。
今回は1cm以上も肉厚のあるワークを抜いて、裁断面を確認したいという試作・開発担当者のお客様より注文預かりました。
そこでストロークとパワーを両立する為の大型クランプを改造し、それに見合った構造を設計製作しました。
このハンドプレスでは平刃とノコ刃、バイキング刃の3種類とその受け構造も選択できます。
オザワンやるわん!
今回もいい仕事してます!

お久しブリーフ。
関東地方は梅雨に入りました。
久々に書かせて頂きます。



今回は弊社にしては割と大き目のノコ刃裁断機(専用機)が仕上がりました。
当初は平刃で裁断する予定でしたが、やはり突き当て方式ではうまく切れず、ノコ刃に切り替えたらなんのその。
綺麗に切れました。

キレ。

なかなかいい言葉です。
ビールにもスノボにも使います。

この手の専用機は弊社にご用命を。
ヘックション!
花粉の辛いこの時期、ティッシュとマスクがお友達の間中です。

今回のご紹介はなんと絵本。
オザワン デベロッ部から、絵本を出版致しました!

回転ずっしり

特設サイトもオープン!
制作秘話や絵本に対する思いやおまけ?も載せています。

回転ずっしり特設サイト

ずっしり寿司に行ったゆぎちゃん。
ワクワクしながら待っていると、さてさて回ってくるお寿司は…!?

読み聞かせをしながら、親子で家族で笑ってもらえる絵本『回転ずっしり』
よろしくお願いします!

 

おひさしブリの煮付け。

 

今回は弊社の商品カットカントに異変が!!

それは何とマリンスポーツの王道、ウエイク&カイトボード界からカントの問い合わせが!!

これは作っとカント!

で、早速刃型を起こしました。

 

 

でお客様のほうで装着して頂きました。

こちらのお客様が非常にテクニカルかつ丁寧に説明して頂いたお陰で、非常に立派なものが作れました♪

 





 

どうしよう、スノーボード業界よりもマリンスポーツ業界から注文が殺到しちゃったりして!!

いい忘れましたが、穴ピッチは6インチのみです。

 

よろしくメカドック!!

しばらくぶりの投稿になります。オザワンです!
ブログ更新がかなり久々になってしまいました…。
2015年ももう秋。
爽やかな秋風を感じるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 

 

そんな爽やかオザワン2015年10月最新情報です!
今回の製品は、こちら↓

 

suicaやPasmoなどのICカードに貼ってドレスアップさせちゃう
ポップアートカードの抜き型。

こちらのカードは表面・シール面の抜きを、ぴったりピタピタに合わせられるよう抜かなければなりません。



 

そのため人の手で作るスウェーデン鋼よりも、さらに高精度なワイヤーカットで金型を製作しました。
ワイヤーカットとは、機械を使って形状を抜き取っての製作法です。
主に高精度が求められる製品に使用されます。



ほーら、ピッタリ!

高精度の型がほしい!スウェーデン鋼では物足りないのよ!という方は
ぜひ当社までご連絡ください!

朝晩の気温差が激しいですね。みなさん体調を崩されたりしていませんか?

私は毎朝酵素スムージーを飲んでいるからか、風邪をひきづらくなったような気がします。

夜は野菜いっぱいのお鍋であったまりましょうね。



さてさて、オザワンは言わずもがなの刃型のプロフェッショナルではありますが、
アシスト部(WEB・広告制作等部門)やデベロッ部(商品開発部門)も盛り上がりを見せております。新しいご報告ができるよう頑張っておりますのでこちらもぜひご期待ください!!


さて今回はおなじみ手抜きポンチのお話です。
手抜きポンチはたくさんご依頼をいただくものなので、
一般的な横抜きのよく使われるサイズのものはたくさん在庫を用意しております。

ただ、抜くものによっては、抜いたものが残ってしまうんだけど…というご相談をいただくことがあります。
そこで今回は、抜くもの、残り具合などを伺った上で上抜きがベストと判断し、改良させていただきました。

左が一般的なポンチ・右が上抜きポンチです。





抜ける位置が違うだけですが、こんなに形状が違うんですね。



抜けたものがどんなふうに処理されるか、で作業効率はかなり変わってきますね。

もし今お使いの刃型に関して、実はちょっと使いづらい・・・、こうなればいいのに・・・と思うようなことがあればちょっとしたことでもどんなことでもオザワンにご相談ください。
きっと、解決策を見つけてご提案させていただきますよ!

みなさまの作業効率をあげることが、オザワンの最大の使命ですから!!!

初の連投です!やる気があるでしょ?

こちらもホームページを見てお問い合わせいただいたお客様の仕上がり品のご紹介です!

とってもおしゃれでセンスの良い商品を製造販売されているお客様!





何を抜くかは、タイトルや写真の形をみればお分かりですよね〜。

封筒を作るための抜き型です。

お好きな紙を用意していただき、ググッとこれで切り抜くことでポンっと封筒ができちゃいますよ。


しかもすごいことに・・・・

封筒のかたちに折るための折り線までついてきます!

刃の部分をアップで見ていただくと、




周りの部分はもちろん切れ味鋭い刃ですが、

折れ目を付けたい内側の部分は半丸の刃を使用して、

さらに0.5mm刃の高さを低くしています。

切れないけど折り目の跡が残るんですね。

使用する紙の厚さや重ねて切る枚数などで折り目への圧を調整することができます。

至れり尽くせりでしょ?



ビク型(トムソン型ともいわれるようですね)というのは、ベニヤ板に刃物が埋め込まれたタイプのものです。

抜かれた製品をはじき出すスポンジゴムを付ければ一枚一枚型から外す手間が省け、作業効率もアップします。




最近は、趣味が高じて手作りの雑貨などをインターネットで販売される方が大変多くなりましたね。

商品のバリエーションを増やしたり、予想以上の売れ行きで、手間を解消したい〜なんて方は

やっぱりオザワンにご相談くださいね。

何から何まで こうしたい、 にお応えいたします!


(最後になりましたが、製品のブログ掲載許可をいただき、ありがとうございました!!)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余談ですが、

オザワン のワン は オンリーワン、ナンバーワンのワンなんですって!!!

まさにオンリーワンの商品をナンバーワンの技術やホスピタリティでご提供できるように

スタッフ一同日々邁進しております。お気軽にご相談ください〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく更新せず大変申し訳ありません!オザワン青木です。

最近ホームページを見て・・というお問い合わせをたくさんいただくようになりました!
ありがとうございます!!

みていただいている人がいることを肝に銘じ、これからもたくさんのオザワン最新情報をお伝えしていきたいと思います。



さて、今回の製品はコチラ 何かわかりますか〜?


 

裏側はこんな感じ。




十時の部分は持ち手です。手作業で何かを抜くための道具ですね。




正解は・・・パン生地です!

 

一見、山形食パン?と思ってしまいましたが、実はこれ、古墳の形。

今回パン屋さんから、古墳型のパンを作るための抜き型を作りたいとのご依頼をいただきました。


これは火造り型です。

さらに食品用なので、出来上がった型にさらに水に強く、さびにくくするためテフロン加工を施しています。


食品の刃形や抜き型には、一般的にステンレス製のものと鋼製の火造り型のものがあります。

クッキーなどの小さい型はステンレスのものをよく見かけますよね。



何を作るときにどんな型がいいか、なんて分からないですよね。

お客様は分からなくて当然です。そのためにオザワンは存在しているのですから!

どんな用途で、どんな行程で、どんな場面で、などご要望をヒヤリングさせていただき、

最適な素材や形をご提案させていただきます。ご提案型完全オーダーメイドです!


世界にひとつだけの型ですよ(笑)

ぜひあなただけの型を作ってみませんか?

(最後になりましたが、製品のブログ掲載許可をいただき、ありがとうございました!!)
 

(株)オザワンには、商品開発部のデベロッ部という部署があります。
長年培ってきた工業の技術や知識を、自社の商品開発に活かそうというコンセプトで
日々アイデアを出したり研究したりしています。

第一弾として商品化されたのは、これ、『日本製小澤式財布』です。




私が入社する前なので制作過程は見られなかったのですが、
素晴らしく本格的な仕上がりで、びっくりしました。
部長のこだわりとして、高級ブランドで使用されているのと同じ最高級の皮革を使用しているそうです。
艶といい、なめらかさといい、エルメス辺りの一角にあってもおかしくないほど。

そして、何より素晴らしいのは
中の構造です。



ここまでオープンになる構造は見たことないですよね?
小銭入れとしてはもちろん入れやすく探しやすく優秀ですし、
小銭以外にもレシート、鍵、薬、絆創膏など、とりあえず投げておくスペースとして色々活用できます。
そしてすぐ取り出せることが最大のメリットですね。
反対側にはファスナー式のポケットもあるので、こちらを小銭入れにしてもOK。
使う人の個性とアイデアで色々な活用が可能です。

写真ではわかりづらいですが、
お札入れ部分にもこだわりがあり、一般的な財布より高さを若干低くすることで、大変お札が取り出しやすくなっています。
日本人は日本円を使うという人間工学に基づいた設計がなされています。←大げさですか・・・。



『日本製小澤式財布』 color/ 黒・茶  price / ¥35,000 

ご注文承ります。数に限りがございますので、お早めにどうぞ。
『財布ほしいんですけど〜』とお問い合わせくださいませ。

ちなみに私も近日購入予定でっす。






 
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
最近の記事
スタッフ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
ブログ内検索
RSS FEED
  • 三次元ノコ刃
  • 匠
  • 社員自慢
  • アシスト部
  • デベロッ部
  • LINEスタンプ